某SNSを退会した理由

tumblr

先日、3ヶ月ほど入会していた某SNSを退会しました。
そのSNSは女性への舐め奉仕(クンニ)を専門としていまして、同好の方々がパートナーを探したり活発に議論をされています。

入会させていただいたのは率直に「舐め奉仕が好き」という理由からでした。
もともと、私自身の性の趣向の基本は『女性の快感や快楽に尽くすこと』で喜びを感じます。
女性が喜んでいただける舐め奉仕についても方向性が同じだと思っていました。

最初のうちは舐め奉仕が好きという純粋な気持ちを書いたプロフィールを作って交流させていただきました。
同好の方々と男女問わずコミュや日記にて交流がもてたことは楽しく刺激的でした。

ですが、会員の方々の日記やコメントを拝読したり、何度かメールをやりとりしていくうちに、しだいに自分自身の性の趣向との乖離を感じ、このSNSにいることが疑問に思えてきました。

「舐め奉仕が好き」・・・確かに好きです。
そこは今でも変わらないところです。
ただ、もともと聖水や顔面騎乗も好きでして、自分の中で切っても切れません。
さらに、顔面騎乗については苦しい顔面騎乗が好きだと最近自覚しまして(経緯は別の機会に)、ますます乖離を感じるようになりました。

私の性の趣向の変化を式にすると下記になります。

【以前】
舐め奉仕=聖水=顔面騎乗

【現在】
(舐め奉仕=聖水)<顔面騎乗<苦しい顔面騎乗

中には聖水や顔面騎乗が好きという方もいらっしゃいましたが、それは至極当然ながら舐め奉仕の延長線上でした。
最近の私の場合、どうしても顔面騎乗ありきで考えてしまうのです。

真剣に相手を探す会員の方々の日記で「相手が見つからない」、「想像していた相手と違った」という苦悩を何度か拝読するにつけ、だんだん趣向の違いによるギャップを実感するようになり、このSNSにいる自分が恥ずかしく、また申し訳なく思えてきました。
そんな理由から、いてもたってもいられず退会しました。

一つだけ気がかりなのは、入会当初「いきなり友達になってください」との不躾なお願いにも快く友達になっていただいた方々、友達になって交流をさせていただいた方々、いつか使ってあげるよと言ってくださった方にさようならも言わずに退会してしまったことです。

いきなり黙って退会して申し訳ありませんでした。非礼をどうぞお許しください。
この場にてお詫びいたします。