自転車のサドルに潰される顔

女性の運転する自転車のサドルになる顔

Mike Mago – The Show (Official Video) (Ministry of Sound TV)

やや遅れましたが、新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

トップ画像は、2chスレッド「顔面騎乗が好き」にあった動画情報でYoutubeのオリジナルを見つけました。

アムステルダム在住のミュージシャンMike Mago氏の「the show」の公式プロモーションビデオです。
Mike Mago氏の軽快な曲をバックに、ローアングルで後方より撮影した自転車に乗る女性のお尻の絵が流れていきますが、この動画・・・お尻フェチにはたまらないと思います。

目、鼻、口があるまるで顔のような自転車のサドルは、ペダルをこぎながら左右に揺れるショートパンツやスカートのお尻にグイグイと潰されています。

このサドルになってみたいと思わずにはいられません。
他にもサドルがスカートにすっぽりと覆われる、スカートの中に潜り込んだようなシーン、パンティで潰されるシーン、立ちこぎで揺れるお尻のシーンと、フェチ要素満載の絵が続きます。

こんなエロい視点で見ていたら怒られるかもしれませんが、いすお的にはお気に入りに動画です。

●参考
Ministry of Soundが作成していて、この他にも様々なミュージシャンの動画をYoutubeで公開しています。

ミニストリー・オブ・サウンド(Ministry of Sound)はイギリスのロンドンにあるクラブ。1992年オープン。世界的に有名な巨大クラブであり、当初はニューヨークのパラダイス・ガレージのようなアンダーグラウンドなディスコを目指しており、音響設計にはそのパラダイス・ガレージのラリー・レヴァンに依頼をした。

当初はよりアンダーグラウンドなクラブを目指していたが、現在ではどちらかというとコアなクラバーよりもライトな若い客層がメインであり、ややもすればロンドンの観光名所のようにもなっている。しかし、世界的なスーパースターDJたちが毎日のようにプレイするロンドンでも最大のクラブの一つであり、そのサウンドシステムと並んで、世界的にもっとも有名なクラブである。
レコードレーベルとして自らの名前を冠したコンピレーションCDを多数発売しており、いずれもヒット作となっている。また、台北やシンガポール、モスクワなどにフランチャイズ経営の同名クラブが存在する。

 

「コロナに負けるな!ワンコインキャンペーン」開催中

昨今のコロナ影響を鑑み、「コロナに負けるな!ワンコインキャンペーン」を開催いたします。

最新作「「電マ顔騎オナニー01」の抜粋版(顔面騎乗で電マオナニーするAoiさんのマジイキする1回目のシーン)をはじめ、当サイトのオリジナル顔面騎乗作品をワンコイン(500円、税別)でご覧いただける期間限定のキャンペーンを開催いたします。

詳しくは以下のボタンよりご確認ください。
キャンペーンページの商品のみが対象となります。

Next article

女性に踏まれる快感