「完全窒息の人間椅子」と「女性美の称賛」

rodzo氏の完全窒息の人間椅子

Rodzo氏の作品

もともと40点の掲載をしていましたが、更に追加掲載をしています。

読書をしたり電話をする時の人間椅子として、また、舌奉仕用の道具として、男性の顔を平然と使う女性たち。完全拘束された男たちに逃げる術はありません。

Rodzoの描く素晴らしい女性上位の世界観を感じていただけると思います。

 

John Kacere氏の作品
これは絵です。(写真ではありません)
John Kacere氏の女性美の称賛

Femdom Artではありませんが、女性美の象徴であるお尻を写実的に描写した作品です。

John Kacere氏は「女性は全ての生命の源であり再生の源である」、「私の作品づくりは、女性らしさの賛美です」と言っています。

これは、(大変おこがましいのですが)私の考える顔面騎乗とベースは同じだと感じるのです。

柔らかなお尻で座っていただく時、間近で感じる女性美・・・

それは絶対的な美しさであり・・・

感嘆のため息とともにひれ伏します。