舐め犬の注意事項

舐め犬とSTD(性感染症)

STDとは

ここ最近、STDという言葉を聞かれた方も多いと思いますが、STD(Sexually Transmitted Diseases)とは性行為で感染する病気のことで、性感染症のことです。

NIID:国立感染症研究所によれば主なSTDには以下があります。

  • B型肝炎
  • アメーバ赤痢
  • 後天性免疫不全症候群(HIV)
  • 性器クラミジア感染症
  • 性器ヘルペスウイルス感染症
  • 尖圭コンジローマ
  • 梅毒
  • 淋菌感染症

これらのウイルスや細菌は、血液、精液や膣分泌液等の体液に存在していて、性行為(オーラルセックス含む)を介して感染します。

また、これらは重複感染することもあり、梅毒やクラミジアに感染している粘膜組織が弱くなっているため、HIV感染リスクが数倍高まるともいわれています。

性感染症(性病)とは、例外はあるものの、一般的には性的接触によって人から人に感染する病気のことです。 原因となる病原体には、細菌、ウイルス、原虫などがあります。 キスや濃厚な体の接触でうつる感染症もあります。

クンニで感染するSTDの種類

一般的に、奉仕系の顔面騎乗やクンニによって感染リスクのあるSTDは、淋病(淋菌感染症)、クラミジア、ヘルペス、梅毒です。

女性器と口内のどちらも粘膜のため、女性、舐め犬のどちらかが感染者の場合、相手にうつしてしまう場合があります。(これ以外の性病、例えばHIVやB型肝炎も全く感染しない訳ではありません)

STDの中には感染者が自覚症状がない場合もあるため、男性はもちろんのこと、女性も不特定多数のパートナーがいる場合は、定期的に検査を受けることオススメします。

以下、性感染症の症状をご紹介します。

  1. 淋菌感染症:淋菌という菌が引き起こす病気です。男性では尿道炎(尿の出始めの痛み、陰茎の尿道口からの黄色で粘い膿)、女性では子宮頸管炎(帯下増、約半数で無症状)が起こります。潜伏期間(感染機会から症状が出るまで)は2~7日ですが、女性では、自覚症状がないまま、骨盤腹膜炎で発症し、強い下腹部痛をきたすことがあります。更に上腹部まで感染が進展すると肝臓周囲炎を起こし、激烈な上腹部痛をきたします。治療には抗菌薬が用いられ、単回投与(注射)で尿道炎や子宮頸管炎は治る場合が多いのですが、腹膜炎になると入院治療が必要となる場合があります。
  2. クラミジア感染症:クラミジア・トラコマティスという菌が引き起こす病気です。淋菌感染症と同様の感染部位ですが、潜伏期間は1~3週間ですが、男性の尿道炎でも症状は弱く、半数が気付かないまま保菌しています。より深部の精巣上体炎(陰嚢内容が腫れて痛くなる)で発症することもあります。女性でも7~8割が子宮頸管炎の状態では気付かず、腹膜炎症状で発症することも少なくありません。症状がないままに卵管癒着等が起こり不妊症の原因となることもあります。治療は深部感染に至っていなければ、抗菌薬の内服で治すことができますが、精巣上体炎や腹膜炎では、かなり長期の投薬が必要です。
  3. ヘルペス感染症:単純ヘルペスウイルスは口唇や口腔内に水疱・潰瘍をきたし、この感染症は痛みを伴い、治っても再発を繰り返します。症状がない時でもウイルスの排泄は続いているといわれ、オーラルセックスでこのウイルスが性器に感染し、2~5日の潜伏期を経て性器ヘルペスとして男性では亀頭や包皮に、女性では陰唇を中心に水疱・潰瘍・痛みをもたらします。治療には抗ウイルス薬の投与が行われます。
  4. 梅毒:口唇・口腔内にも梅毒病変ができることがあり、梅毒トレポネーマという菌がオーラルセックスによって、性器に病変を作ります。性行為後約3週間の潜伏期を経て男性では陰茎亀頭部やその上の包皮、女性では陰唇部に初期硬結という痛みのない硬い病変ができ、次第に崩れ、硬性下疳と呼ばれるやはり無痛の潰瘍となります。この病変は自然に吸収され良くなりますが、病気が治ったわけではなく、そのあと全身感染となり、約3か月後にはⅡ期病変と呼ばれる手のひら・足の裏を中心に乾いた発疹が現れ、進んでいきます。治療には抗菌薬が使われます。

淋病やクラミジアの場合、女性の場合は感染してもほとんど自覚症状がありません。

のちにこれらが原因となって、不妊や腹膜炎等の重大な病気を引き起こすことがあるので注意が必要です。

国内の性感染症の感染者数

性別にみた性感染症(STD) 報告数の年次推移

性別にみた性感染症(STD) 報告数の年次推移

厚生労働省が集計した日本国内における性感染症(クラミジア、ヘルペス、梅毒)の男女の感染者数について、2008年以降の集計値をグラフ化してみました。

全体的に感染者の数は減っておらず、梅毒については男女ともに増加傾向にあります。

この集計値は、あらかじめ測定機関として定めた医療機関(約900施設)を訪れて判明した感染者を集計したものなので、測定対象外の医療機関での感染者数はカウントされていませんし、自覚症状がなく医療機関を訪れていない潜在的な感染者数を考慮すると、分母の大きさは計り知れません。

少なくとも東京や大阪などの大都市圏においては、その人口比率から感染者数も多いと考えるのが妥当でしょう。

(集計値の引用元 「厚生労働省 性感染症報告数」2017年3月時点での公開資料)

性感染症の予防

不特定多数のパートナーと関係をもたない。

不特定多数のパートナーとの粘膜接触は性感染症への感染確率が高くなります。

例えば、自分が不特定のパートナーと関係をもっていて、その相手の何人かも不特定のパートナーと関係をもっていたとしたら、感染確率は倍々に高くなります。

定期的に検査をする

少しでも身体に違和感を感じたり、過去、不特定多数のパートナーと関係をもった、風俗に行ったなどの身に覚えがある方は、医療機関でみてもらいましょう。

女性は産婦人科、舐め犬は耳鼻咽喉科(喉に感染が疑われる場合)、泌尿器科となります。

検査曜日や検査対象の性感染症が限られたり、HIV検査も必須との条件づきとなるケースもありますが、保健所や区役所等の自治体で、無料、匿名にて検査を行っているところがあるので、調べてみるのもいいでしょう。

病院に行くのが恥ずかしいという方は、最近ではインターネットで性感染症の検査キットが購入できるようになったので、自宅でまずは検査してみることもできます。

Google先生に聞けば、性病、検査キット の販売サイトがヒットします。検査キットには喉用と性器用とがありますが、舐め犬の場合、喉用は購入必須ですし、どうせ検査するなら両方購入して検査しておくべきでしょう。

ただ、陽性だった場合、結局は医療機関での治療が必要となるので、ハッキリとした自覚症状がある場合は、最初から医療機関に行った方がいいように思います。

【リアル体験】性感染症の検査

性感染症の検査キットの購入

今まで陰部が腫れたり膿がでたり、喉が痛くなったりする性感染症の自覚症状はおかげさまで皆無ではありますが、この性感染症の検査は一体どういう内容で検査するのか興味があったので、試しにAmazonで検査キットを購入して検査してみました。

正直に言えば、もう10年以上前になりますが性欲暴走モードの時に不特定多数の女性を関係をもった時期もありました。

もし、検査結果が陽性となるならHIVしかないとは思っていましたが、10年以上前ならとっくに発症して死んでますよね。

いずれにしても、自分が感染していないか、一度は確認してみたいというのもありました。

Amazonで購入した検査キットがこちらです。
性感染症の検査キット
B型肝炎、C型肝炎、HIV、梅毒、クラミジア、淋病、トリコモナス、カンジダ、のどクラミジア、のど淋病の8種類の検査ができるキットです。

値段が少々高いとは思いましたが、今まで聞いたことのある性感染症が全て検査できるということ。

特に、のどの検査ができるということで、この検査キットを選択しました。

Amazonで6/14に注文して2日後の6/16には届きました。

そして、届いた検査キット一式がこちらです。
性感染症の検査キット一式
届いた検査キットの箱の中身は、小袋に入った4つの検査キット(血液検査(予備キット含む)、尿検査、綿棒検査、うがい検査)と、取扱説明書、問診票、検査申込書、クーポンでした。

性感染症の検査キットの中身

血液検査
血液検査キット

B型肝炎、C型肝炎、HIV、梅毒の検査用です。

ランセットという小型の器具を指に当てて器具を押し込むと、先端の小さい針が飛び出て指に穴をあけます。そこから出てくる血液をろ紙の4箇所に染み込ませるという内容です。

私、血見るの苦手なんですよ。ましては自分で指に針を刺して穴をあけるなんて。

説明書を見た時、一瞬でブルーになりました。
しかし、せっかく購入した検査キットを無駄にする訳にはいきません。説明書によれば、指の横側の方が痛みが少ないとのこと。

同梱の消毒綿で指先を拭いてから、勇気を振り絞り覚悟を決めてランセットを指に押し当てました。

一瞬だけチクッとしましたが、思っていたほど痛くはなく、指先から少しずつ血がでてきました。

ですが、出てくる血の量が少ない。
説明書に書いてある腕を下に向けて指先まで擦る方法を試してみましたが、出てくる血の量はそれほど多くありません。
ランセットで刺した指先
仕方ないので、もう1回、穴をあけることにしました。
残りのランセット(ランセット1回しか使えない)を手にとって、今後は指の腹側を刺しました。

今度は成功です。血がどんどん出てきたので、ろ紙の4箇所に垂らして無事に終わることができました。
終わった後は同梱の絆創膏を巻いておきました。

尿検査
尿検査キット

クラミジア、淋病、トリコモナスの検査用です。
起床時の飲食前の尿が必要とのことなので、これは朝起きて採取しました。
よくある健康診断の検尿と同じなので、全く問題なく終わりました。

綿棒検査
綿棒検査キット

カンジダの検査用です。
筒状のケースから取り出した綿棒で性器の表面をなぞり、綿棒をどこにも触れないようにケースに戻すというものです。
これも問題なく終了。

うがい検査
うがい検査キット

のどクラミジア、のど淋病の検査用です。

こちらも起床時にすぐに採取します。
うがいした水を同梱の紙コップに入れ、ランチチャーム(お弁当に入っている小さいプラスチックの醤油さし)のようなスポイトで吸い取るというものですが、この吸い取る作業が意外と大変でした。

以上の4点を返送用封筒に入れ、6/17朝にポストに投函しました。

性感染症の検査結果

検体がGME社に届くと、検体数にもよりますが検査所要日数は大体1日とのこと。
結果は検査終了したその日の夕方にはネットで確認でき、希望者には検査結果書の紙での郵送もしてくれます。

今回、6/17に発送して6/20には検査結果が確認できました。

検査結果はというと、「今回検査を実施した項目につきましては、異常は認められませんでした」とのことで、全て陰性でセーフでした。

ネットでの検査結果

STD検査結果確認ページ
6/20にGME社の検査結果確認ページで見れた内容です。

検査申込番号(検査キット毎に固定)とパスワード(任意設定)にて、専用の検査結果確認ページにアクセスして、パソコンやスマホで内容確認できるようになっています。

郵送での検査結果

郵送でのSTD検査結果
郵送での検査結果

こちらは検体返送時に申し込みすると、後日、書留で検査結果報告書が送られてきます。(書留料金は検査キット購入代金に含む)

今回は、検査結果がネットで確認できた翌日の6/21に書留で届きました。

実際に購入してみて手軽に簡単に検査ができることがわかりました。

STDのまとめ

繰り返しになりますが、ここ最近、性感染症が流行っています。

中でも梅毒の感染者数が増えていて、厚生労働省が毎年発表する医療機関の報告に基づく「性感染症報告数」によれば、1999年で751人だった感染者数が2019年には7,001人で、20年前と比較するとその数は約10倍です。

感染者の年代も20代が最多ではあるものの、60代まで幅広いです。

しかも、この数字は病院を受診した患者数なので、感染に気づかない等の理由で受診していない人を考慮すれば、その数は更に多いはずです。

こんな状況下ですので、複数パートナーと奉仕系顔面騎乗やクンニ、性的行為をさせれている方は、もしかしたらご自身で感染に気づかないケースもあるやに思います。

一度、検査してみるのもいいかもしれません。

また、新しいパートナーと出会う方も事前の検査をしておくのもいいように思います。

 

もし、貴女が舐め犬に興味を持たれましたら、こちらよりご連絡ください。

舐め犬のご案内

【ご案内】舐め犬を使ってみたい女性

仰向けクンニ
飼い主様である女性の快楽のために、ただひたすらクンニマシーンとなる舐め犬。

貴女の快感にのみ奉仕する舐め犬をに興味がありましたら、こちらをご覧ください。

プライバシー厳守で料金は一切かかりませんので、お好きな時に安心してご利用になれます。