3D 顔騎Gallery

オリジナル顔面騎乗の画像 vol.3

蝋燭と顔面騎乗の素敵な関係

蝋燭と顔面騎乗の素敵な関係

ラバーのお尻で顔に座っていただくと、男性の鼻と口は少しの隙間もなくピッタリと塞がれるため、全く呼吸ができない窒息顔面騎乗となります。

30秒・・・1分・・・1分30秒と、時間の経過とともにますます苦しくなっていきます。

そんな時、蝋燭を垂らしていただくと、あら不思議、窒息の苦しさが快感になります。

素尻での顔面騎乗と蝋燭。
ちょっとひと味違う顔騎を体験したい方には、オススメのスタイルです。

蝋燭は確かに熱いです。

ラバーのお尻で顔に座っていただくと、男性の鼻と口は少しの隙間もなくピッタリと塞がれるため、全く呼吸ができない窒息顔面騎乗となります。

30秒・・・1分・・・1分30秒と、時間の経過とともにますます苦しくなっていきます。

そんな時、蝋燭を垂らしていただくと、あら不思議、窒息の苦しさが快感になります。

素尻での顔面騎乗と蝋燭。
ちょっとひと味違う顔騎を体験したい方には、オススメのスタイルです。

蝋燭は確かに熱いです。

蝋燭と顔面騎乗の素敵な関係

お尻の下での窒息も苦しい。

男性の鼻と口の上に自らの女性器の最適なポジションを確かめながら座り込む女性。

男性の鼻先は女性器の中に挿入され、舌先の先端は最もクリトリスが舐めやすい位置にセットされます。

そして、舌での女性器へのご奉仕を許された男性は、奥深くから湧いてくる愛液で顔中がヌルヌルになりながら、蝋燭の熱さと窒息の苦しさが交錯する中でクンニマシーンと化すのです。

着衣顔面騎乗が最高

着衣顔面騎乗が最高

顔面騎乗は性行為におけるシックスナインの延長線であったり、舌奉仕顔騎であったり、ショーツでの顔騎、女王様によるボンデージ顔騎といろいろありますが、最高なのは着衣での顔面騎乗。

顔面騎乗マニア度が高くなればなるほど、女性の柔らかなお尻と心地よい体重を顔面に感じながら人間椅子として座っていただけることに無上の悦びを感じるのです。

これってどっちの顔面騎乗?

着衣顔面騎乗が最高

着衣顔面騎乗が最高

着衣顔面騎乗が最高

顔面騎乗といえど、クンニさせる顔面騎乗もあれば、この画像のように男性を人間椅子として使う顔面騎乗もある。

実はこの顔面騎乗シーン、人間椅子のように見えて、実は舐め犬としてクンニさせる顔面騎乗だったりもする!?

ここで余談ですが、顔面騎乗中の女性の表情は笑顔、顔の向きは正面や上向きが基本。

たまに椅子となっている男性の方を一瞥する。男性が苦しんでくると覗き込む。そんなシーンが個人的には好き。

顔面騎乗舌奉仕(舐め犬)

顔面騎乗舌奉仕

顔騎熱

顔騎熱

彼女曰く「顔面騎乗させてくれる男性を募集中」とのこと。

日頃からジムに通っている彼女。お尻も見事に鍛え抜かれています。

そんな彼女がひとたびお尻に力を入れると、内側に潜む鋼の筋肉が男性の顔をピッタリと塞ぎ込みます。

こんな彼女になら貴方も座られてみたい?

できない社員はおしおき顔面騎乗

OL2人によるダブル顔面騎乗

この会社では、毎月月末近くになると営業成績の悪い男性社員は、1人居残りがあります。

1人居残りの理由は、OL達によるおしおきの顔面騎乗があるからです。

OL2人によるダブル顔面騎乗

M男性には人気の高い顔面騎乗。もしかしたら羨ましく思う方もいるかもしれませんが、このおしおき顔面騎乗は果てしなく続く強制窒息の顔面騎乗で、これまで男性社員の何人かは死んでしまったという噂があります。

他の男性社員が帰ったあと、それは始まります。

OL2人によるダブル顔面騎乗

デスクの上で仰向けに寝るように命じられる男性社員。

OLの1人は、一日中、穿いていたストッキングのまま、男性社員の顔に上に全体重をかけて座り込みます。

OL2人によるダブル顔面騎乗

もう1人のOLは、苦しくなって暴れて逃げられないように、腹の上に馬乗りになります。

しだいにやってくる窒息の苦しさ。しかし、男性社員には為す術がありません。

そんなことはお構いなしに平然と男性社員の顔に座り続けるOL。

彼女達の柔らかなお尻の下、男性社員の意識はだんだん遠くなっていくのでした。

顔面騎乗ディルド

顔面騎乗ディルド

顔面騎乗ディルド

顔面騎乗ディルド

顔面騎乗ディルド

顔面騎乗ディルド

ディルド(張形)を口に咥えて女性の快感に奉仕する道具。

あくまで女性のための道具なんです。

このように人間として存在しないポジションがいいですね。

一家に一台

人間便器

一家に一台あると便利なのが人間便器。

敬愛する女性の便器として使っていただける悦びに打ち震える瞬間です。

女尊男卑の世界

女尊男卑

敬愛する美しい女性に跪く時、自分の卑しい立場が実感できます。

複数女性による顔面騎乗

ダブル顔面騎乗

複数の女性に同時に顔に座っていただくことは、顔騎マニアからすれば「人間椅子、冥利に尽きる」ということだと思います。

2人分の女性の体重を顔に感じながら、柔らかなお尻の下、逃げ場のない苦しさの中で幸せを感じずにはいられません。