強制窒息顔騎 愛理さんのお尻の下で

愛理さんの顔面騎乗

以前、顔騎モデルに応募いただいた女性との顔面騎乗について話す機会がありました。
その時、改めて感じたことがありました。
その女性曰く、顔面騎乗とは「男性の顔の上に跨ってクンニをしてもらう」ことなのだそうです。

「クンニをさせる」ではなく「クンニをしてもらう」という表現に、『あーやっぱりそうですよね』と、当サイトの顔面騎乗する女性の心理を思い出しました。

やはり顔面騎乗は一般的には性行為の延長線上にあるものなんでしょうね。

それが、先日の顔騎モデルの愛理さんは違いました。
詳しい内容は順次顔騎モデルコーナーにアップしていきますが(最近、座っていただきすぎたり、新コンテンツ作成中で、満足に更新ができません)、愛理さんは顔面騎乗=性行為ではなかったんですね。

詳しく聞けば、男性の顔の上に座った時に感じる征服感が好きなんだそうです。

一般的には男性の方が腕力もあり、女性は力ではかないません。しかし、顔面騎乗で自分より強い男性の顔の上に座り、お尻で鼻や口を塞いで男性の呼吸を制御する時、この男の全て(命)を私がコントロールしていると感じ、男性の苦しそうな顔により興奮するのだそうです。

とてもいいご趣味ですね。

トップ画像は愛理さんに顔騎モデルをしていただいたのものです。
タイトスカート+パンストでのフロントスタイル顔騎、下着でのバックスタイル顔騎など、いすおの髪を鷲掴みしながら、窒息顔騎が続きました。

いすおが息をしようとすると、愛理さんはビンタをしてまたお尻の下にしてくださいました。

約3~4時間にも及び激しく苦しい窒息顔騎でしたが、愛理さんのこの激しい窒息顔騎に息も絶え絶えになりならがも、とても幸せな時間を過ごせました。

愛理さんには動画公開のご了解もいただいておりますので、動画編集が完了したら、おいおいアップしていきたいと思います。愛理さんのとことん責める窒息顔騎の迫力を感じていただけると思います。