驚いた猫

顔面騎乗ネタとは全く関係ありませんが、三菱東京UFJ銀行なりすましメールが届いたのでご報告します。
今はあまり使っていないメールアドレスにいきなり三菱東京UFJ銀行からメールが届きました。
「おかしいなぁ?このメアドは三菱東京UFJ銀行に伝えていないのに・・・」と思いながら、送信元メールアドレスをよく見ると、「staaar*****@yahoo.com.tw」です。(一部伏せ字)

トップレベルドメインからすると台湾なのか。
それにしても変なドメインです。
三菱東京UFJ銀行といいながら、何故か送信元メールアドレスのドメインが「@yahoo.com.tw」になっています。

一発でバレバレです。
で、届いたメール本文がこちら。
本文中の言葉で「貴様(きさま)」って、それはないでしょう(笑)
きっと外人さんなんですね?

************************************************************************
三菱東京UFJ銀行Eメール配信サービス
************************************************************************
2014年「三菱東京UFJ銀行」のシステムセキュリティのアップグレードのため、貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります。
以下のページより登録を続けてください。
https://entry11.bk.mufg.jp/*****/*****/APLIN/loginib/login?_TRANID=AA000_001
<http://www.***tlyh.com/js/>
――Copyright(C)2014 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ,Ltd.All rights reserved――

(URLは一部伏せ字にしてあります。)
ネット検索すると、ここ最近、受信した方が大勢いることから、どうも無作為に片っ端から送信されているようです。
メール記載のURLをクリックすると、インターネットバンキングのID・パスワード情報を盗むウイルスを仕込まれたり、入力させられたりする画面につながります。
三菱東京UFJ銀行がメールにて、ID、パスワード入力を依頼することはありません。
もし、このようなメールを受信しても、絶対にURLをクリックしてID、パスワードを入力してはいけません。
皆様もくれぐれもご注意下さい。