静香様の人間イスとして

半月ぶりに静香様のイスにしていただきました。

静香様はしばらく体調を崩されていたので、お会いするまでお身体の具合が心配でしたが、いざイスにしていただいたら、そんな事は少しも感じない激しい窒息顔騎をしていただきました。
今回は黒ペイズリー柄のパンストと黒のレザー手袋のお姿で、しかもパンストの下はパンティなしの生のお尻です。

今回もできる限り息をしない(できない)よう、全身をガムテでぐるぐる巻きでベットに固定していただきました。

そして、静香様はバックスタイルで、そのやわらかなお尻で私の顔の上に座りこんでくださいます。
しだいに息苦しくなって、全身が熱くなって頭がボーっとしてきます。
息をしようともがきますが、全身は固定されて動けません。

静香様は踵で私の頭を挟んで、後ろ手で私の髪を鷲掴みにして逃がしません。

苦しくて息ができないのはつらいですが、私はこの苦しくてつらい時間、美しい静香様のイスにしていただける、静香様のお尻に包まれるこの時間に、この上ない幸せを感じます。