圧迫顔騎。更なる窒息を求めて

遅くなりましたが、年末に静香様にイスにしていただいた報告です。
静香様は、いつも刺激的かつ苦しい顔面騎乗をしてくださいますが、今回、特に素晴らしい圧迫をしてくださいました。

オッパイでの圧迫

初体験。
ピンクのブラージャーから溢れそうな静香様のオッパイ。
その形のいいオッパイで顔を左右から挟んで圧迫してくださいました。
いつものお尻での顔騎と違い、静香様の吐息や声をとても近くに感じます。
まるで聖母マリア様に抱かれながら死を迎える。そんな気持ちになりました。

お腹での圧迫

これも初体験。
顔全体を柔らかな布で覆うかのように押さえつけてくださいました。
このお腹での圧迫は静かに苦しく刺激的でした。

目隠しでの圧迫顔騎

目も鼻も黒のボンデージテープでぐるぐる巻きで全頭マスク。そして、両足で頭を挟み込んでゆっくりと座ってくださいました。
目の前は真っ暗でかなり遠くから静香様の声が聞こえます。
純粋に道具として静香様のイスになれた気持ちでした。
さらに、口にガムテープをピッタリ貼って鼻でしか息ができないようにして、唯一息ができる鼻をTバック越しの尊い秘部で包み込んでくださいました。
静香様の香りをいっぱいに吸い込んで幸せな気持ちになります。

ですが、それもつかの間、完全窒息状態にだんだん苦しくなってきます。
窒息の我慢の限界に達し、息をしようと首を左右に振ってもがこうとします。
しかし、静香様の両足とお尻でしっかりと押さつけられているので身動きひとつできません。
だんだん顔が熱くなって頭がボーっとしてきます。内心『もぅダメ~』と半泣き状態です。

そんな時、静香様は腰を前後にゆっくりと振ってくださいました。
相変わらず鼻は静香様の秘部にピッタリ塞がれて息はできません。
にもかかわらず、不思議と苦しくなくなりました。

もしかしたら、明日静香様のイスにしていただいけそうです。
明日も今まで以上に窒息状態を頑張ってみようと思っています。