お尻の下で逝きたい

静香様のお尻の下で逝きたい。
そのためのプランを考えてみました。

ストレッチフィルムとガムテで完全固定

足首や太もも、上半身をマジックバンドで固定して、さらに幅広のストレッチフィルムでぐるぐる巻き。
前回もがいた時、足と膝と肩、特に肩を動かせたので体をよじって息を吸えました。
今度は首から下はベットに完全固定で一切動けない状態で臨みたいと思います。
息苦しくなっても体を動かせない。絶対に逃げられない。
静香様に生死をお預けします。
本当に死んじゃうかも
(それならそれで幸せです)

静香様のアソコで鼻も口も密閉

ローションぬるぬるで、鼻は静香様の中にすっぽり入って、口の中はそれまで静香様がはいていたパンティー。そしてガムテぐるぐる巻き。

息も絶え絶えになって、ぐったりしてきたら

「さぁ、いよいよ殺してあげるわ」

「お尻の下で苦しそうにしているのが余計感じるの」

「私のお尻の下で死んでくれる?」

そして、静香様はお尻を両手で広げて、私の顔を奥の奥まで包んでしっかりと座ります。

それまでかろうじて息ができていたのが、いよいよ完全窒息状態になります。
私の鼻も口も静香様のアソコに包まれます。
嬉しさからそれなりに耐えられると思います。

だけど、やっぱり苦しくなって、息を吸いたくなります。
頭を横によじってなんとか息をしたいけど、静香様の踵で頭は抑えられ、マジックバンドで動かせません。もちろん体もよじれません。

そんな状況でも静香様はおかまいなく座りつづけます。

「さぁ、いいわよ」

「死んで!死んで!死んでしまなさい!」

そんな静香様の声を聞きながら本当に逝け(窒息死)そうな気がします。