女性のお尻で顔に座っていただくことの素晴らしさに気づいてしまった管理人いすおが、自身の経験をもとに様々な角度から顔面騎乗を探求し、中でも窒息顔面騎乗に関して、広く情報発信をしていきます。

    舞さんの顔面騎乗 Vol.2

    顔騎モデル

    女性のSexのための人間椅子

    複雑な関係(Vol.1参照)の舞さんのイスにしていただいた時のものです。
    『顔がでなければカラーでもいいよ』とのお言葉をいただいたので、ムービー書き出しの静止画にてお送りします。
    ただ、撮影時に小型DVしかなく、照明も暗かったので静止画にしてから、Photoshopのレベル補正にてかなり明るく調整しています。
    画像のアラが目立ちますがご容赦ください。

    他の顔面騎乗をしてみたいの

    先日、カウンター越しの舞さんとブランデーを飲みながら、顔騎談義に大いに花が咲きました。
    『前回、(いすおに)顔面騎乗した次の日、筋肉痛になったよ』
    『あぁいいうのも珍しかったけど、なんか私、退屈だったなぁ』と舞さん。

    通常、顔騎モデルになっていただいた女性には、いすおの顔に座りながら雑誌を読んでいただいたり、ケーキを食べていただいたり、 携帯をいじっていただいたりして時間を過ごしていただいています。
    ですが、舞さんはもっと他のことをしてみたいとのことでした。

    『他のことって何です???』と私が聞くと、
    『それはね・・・・』と含み笑いの舞さん。

    その答えを聞いた私は、まんざらでもない、いえむしろ歓迎すべき内容だと思いました。

    こうして2回目の舞さんのイスにしていただく時間が始まりました。
    ですが、今回があんなハードな内容になろうとは・・・この時は予想もしていませんでした。
    あんなハードな顔面騎乗なろうとは予想もしていませんでした
    舞さんは私の顔面騎乗が好きなのを大いに理解をしてくれています。
    『今回もしっかりと座ってあげるね』と開始当初より私を見下ろしながら嬉しいお言葉をかけてくださいます。
    黒のガーターストッキングとTバックの舞さん
    黒のガーターストッキングとTバックの舞さんは、すぐさまいすおの鼻と口を塞いでくださいました。
    だんだんと苦しくなってきます。
    ふと目を開けると、舞さんは太ももの間の私の顔をじーっとのぞき込んでいます。
    舞さんは太ももの間の男の顔をじーっとのぞき込んでいます
    『こういうのがいいんだよね』と微笑む舞さん。
    呼吸を止められ、半ば強制的に(私が望んだことです・・・)生死をコントロールされる状況に私はウットリしていました。
    『ねぇ、あれ持ってきてくれた?』舞さんの言葉にふと我に返りました。
    ローターを男の顔にガムテープで固定してから座る顔面騎乗

    舞さんの快感のために奉仕する顔面騎乗

    実は、今回、舞さんのイスにしていただく条件は、舞さんのSexに奉仕することでした。
    Sexに奉仕するといっても、実際に挿入を伴うSexをするのではなく、舞さんの快楽のためにただひたすら奉仕するという内容です。
    私的には女性の快楽のために奉仕する行為も好きなので、この条件に大喜びするとともに、舞さんにとことん気持ちよくなっていただくための準備をしてきました。
    男の顔に貼り付けたローターの電源を入れる舞さん
    まず、ローターをガムテープで私の顎につけました。
    私の顔の横での膝立ち舞さんはローターの電源をオンにします。
    すると、顎につけたローターがブルブルと動き始めました。
    舞さんは男の顔を跨ぐとゆっくりと腰をおろします
    舞さんは私の顔を跨ぐとゆっくりと腰をおろします。
    両方の頬に舞さんのお尻が触れると、しだいに密着する舞さんのTバックの中に鼻先が埋め込まれていきました。
    ローターの先端が舞さんの女性器に触れたとき、頭上から舞さんの吐息が聞こえました。
    ローターの先端が舞さんの女性器に触れたとき、頭上から舞さんの吐息が聞こえました
    そして、舞さんはベッドの上にあったローターのリモコンを握ると「強」にして、腰を前後に動かし始めました。
    ガムテープ越しとはいえ、その振動はかなりのものです。
    舞さんはご自身の一番気持ちいい場所を探すかのように、身体を前に倒すとローターをつけた私の顔に股間をこすりつけてくださいました。
    舞さんは一番気持ちいい場所を探すかのように、身体を前に倒すとローターをつけた男の顔に股間をこすりつけました
    だんだんと舞さんの息が早くなってきているのがわかります。
    『あはっ!気持ちいいよ』と、上気だった声をともに舞さんの腰の振り方が一層早くなります。

    先ほどから私はずーっと呼吸をしていません。
    鼻も口も舞さんのお尻に包まれているため、酸素を取り込むことができません。
    ですが、こんな苦しい状況にもかかわらず、女性のSexの奉仕させていただいている状況に私はひどく興奮しています。

    こんな苦しい状況にもかかわらず、女性のSexの奉仕できる状況に興奮する人間椅子
    人間性を無視され、生きるために呼吸することもままならず、ただただ女性のSexの道具として使っていただいている・・・
    私の存在を純粋にモノとしてとらえ、顔に座っていただいている・・・この状況下にこの上ない幸せを感じています。

    その時、お尻が私の顔に尚一層強く押しつけられたかと思うと、舞さんは絶頂を迎えられました。
    舞さんは余韻を楽しむかのように更にお尻をゆっくりとこすりつけてくださいました。
    窒息の苦しさの中で私は自らお尻の中に顔を埋めていってしまうのでした。

    まだまだ続くローター顔騎

    舞さんは隣でペットボトルのお茶を飲みながら休んでいます。
    さきほどの感想を聞くと、『顔面騎乗しながらローターを使うのは気持ちいいね』とのこと。
    顔面騎乗しながらローターを使うのは気持ちいいという女性
    ローターをイスの顎に固定するので、手があくのと、気持ちいい場所を探しながら腰を動かせるのがいいそうです。
    そんな満足そうな舞さんの言葉を聞けて、イスである私も一安心です。
    ローターを男の鼻の下に固定してから顔面騎乗する女性の画像
    次にフロントスタイルで座っていただくために、ローターを鼻の下に固定しました。
    そして、舞さんにはベットの端に立っていただき、そのままベットに腰掛けるように座っていただきました。

    ベットの端に立って、そのまま顔に座ろうとする女性の太もも
    両足もやや浮き気味なので、さっきまでと違って、舞さんの全体重に近い重さを感じます。
    柔らかなお尻を通じて受ける女性の体重・・・この圧迫感が心地良いです。
    柔らかなお尻を通じて受ける女性の体重の圧迫感が心地良い
    ですが、舞さんからするとこの体勢は深く座りすぎて動けないせいか、あまり気持ち良くないとのこと。
    また、最初のようにベットの上で座っていただく形になりました。

    舌奉仕でのクンニ顔面騎乗

    男の顔に跨り、Tバックの上から舐めるように指示する女性
    そして、ローターを取り外すと、そのまま私の顔に跨り、Tバックの上から舐めるように指示をされました。
    (注:通常の顔騎モデルさんの場合、このような舌奉仕を私からお願いすることは一切ありません。但し、モデルさんから指示があった場合はこの限りではありません。)
    下着の上からソフトにゆっくりと舌先でなで上げるのが気持ちいいという女性
    さきほどのローターとは違って、下着の上からソフトにゆっくりと舌先でなで上げるのが気持ちいいのか、舞さんは次第に腰を動かしてくださいます。
    『やっぱりこっちの方がいい』と言うと、舞さんはバックスタイルに向きを変えられました。
    イスでありながら希望を言うのもどうかと思いますが、個人的にはバックスタイルの方が私も好きです。

    バックスタイルにはお尻のへこみと鼻の突起、まるで凹凸のブロックがピッタリはまるようにしっくりくるポイントがあります。
    そのバックスタイルでしか感じることができない密着感と窒息感が好きです。
    バックスタイル顔面騎乗でしか感じることができない密着感と窒息感
    舞さんの前後に動くお尻がだんだんと早くなってきます。
    視界は舞さんのお尻で閉ざされているので何も見えませんが、頭上から聞こえる吐息混じりの声から舞さんが気持ちよくなってきているのがわかります。
    『あーイキそうよ・・・』
    時折、私の顔を絞るかのようにお尻にキュッと力が入ります。
    クンニしながら聞こえてくる吐息混じりの女性の喘ぎ声
    『やめないで、そのまま続けて!』そう言うと、舞さんは更にしっかりと座ってくださいます。
    完全に呼吸が遮断された中で、私も必死に舐め続けています。
    息ができないのは苦しいですが、舞さんが気持ちいいのを感じると、自分が呼吸することより舞さんの快感のお手伝いができることを選んでしまいます。
    ほどなくして舞さんは果てられました。同時に私も脳内でイクのを感じました。

    素尻顔面騎乗で窒息快感

    「まだまだよ」
    そう言うと今度はTバックを脱いで素尻で座ってくださいました。
    舞さんはかなり興奮していて、私の呼吸のことなどはもうお構いなしです。

    もちろん、私としてもこのような状況での顔面騎乗に無上の幸せを感じています。
    私のことなど全くお構いなしに座っていただけること。ただひたすら女性の快感のお手伝いをさせていただけることを嬉しく思います。
    女性器の中心に男の鼻が入るように、すこしづつ位置を微調整しながら鼻先を秘唇にあてがいます
    舞さんは女性器の中心に私の鼻が入るように、すこしづつ位置を微調整しながら鼻先を秘唇にあてがいます。
    そして、その挿入感をじっくり確かめているかのようにゆっくりと腰をおろしていきます。
    ほどなくして、私の鼻はすっぽりと女性器の中に挿れられました。
    そのまま舌先でクリトリスを舐めるよう命じられました。
    顔面騎乗されている男の顔は、鼻を中心として女性器でマッサージされました
    刺激が強すぎないよう舌先でソフトに舐め上げるのが気持ちいいご様子で、次第に舞さんの腰が前後に動いてきました。
    私の顔は鼻を中心として女性器でマッサージされているようです。
    あふれでる愛液で私の顔はベトベトです。鼻の中にも愛液が入ってきました。
    鼻をかみたい衝動に駆られながらも、今ここで中断するわけにもいきません。
    Tバックを脱いで素尻で座る顔面騎乗
    かれこれ30分以上、この体勢で舐め奉仕をさせていただいています。
    舞さんはイク寸前の感覚を楽しむのもお好きなようで、イク直前で舐めるのを一時中断、そしてまた舐め始め、イク直前で一時中断という寸止めを繰り替えしています。

    「そろそろイカせてもらおうかしら?」
    舞さんはそう言うと、今までためていた快感の大波を一斉にはき出すかのように、腰を前後上下に激しくふりはじめました。
    パンパンというお尻と顔のあたる音に混じって、クチュクチュという音も聞こえてきます。
    まるで私の顔で騎乗位Sexをしていただいているようです。鼻はもちろん、口や目の中にも舞さんの愛液が入ってきました。
    今までためていた快感の大波を一斉にはき出すかのように、腰を前後上下に激しくふりはじめました
    「あーイキそうよ、そのまましっかりね」
    まさに「淡々と」という言葉が適当なのでしょう、私は舌先を動かすことだけに全神経を集中して、ただただ舐めるだけの道具としてご奉仕しました。
    じきに舞さんの太ももがビクビクッと震え、私の髪を後ろ手でつかみながら「あぁ?」と今までにない大きな歓声を上げられました。
    同時に鼻先を包む女性器が何度も収縮をくり返し、舞さんはグッタリと倒れられました。

    しばしの休憩タイム・・・

    この間、ベッドサイドに腰掛けながら「舐め方の強さや場所は良かったです?」、「他にどういうのが好きですか?」と、舞さんの気持ちいいスタイルをお聞きしました。
    すると、舞さんの感想として「顔面騎乗で舐められるのは最高ね」とのお言葉。
    これを聞いた時は嬉しかったです。なにせ舌奉仕用イスとしての役目を果たせた訳ですから。

    ローターでの舌奉仕顔騎

    そうこうするうちに今度はローター装着して舌奉仕させていただくことになりました。
    舌のつけ根がヒリヒリしていましたが、またご奉仕させていただける嬉しさにそんな痛みも苦になりません。
    再びローター装着しての舌奉仕の顔面騎乗
    鼻の下にローターをガムテープでとめました。
    舞さんはローターがクリトリスにあたる最適ポジションを確かめるように、今度はフロントスタイルで座られました。
    ローターがクリトリスにあたる最適ポジションを確かめるフロントスタイルの顔面騎乗
    舌先を尖らせるよう私に命じられ、リモコンのスイッチを入れられます。
    余韻がまださめていない熱くなった女性器の中心に舌先が挿入されました。
    その時、舞さんの口から吐息がもれたのが聞こえました。
    ローターでクリトリスを刺激しながらの顔面騎乗舌奉仕に気持ちよくなる女性の画像
    「そうよ、そのまま続けて」
    ローターでクリトリスを刺激されながらの舌奉仕はかなり気持ちいいご様子です。
    舞さんはたまにローターオナニーをされることもあるそうで、もともとローターには抵抗がありませんでした。
    また、舐められるのも大好きとのことで、後から聞いた話では、この『ローター+舌奉仕』は今回一番に気持ち良かったそうです。
    男の鼻を押しつぶすかのように女性器をこすりつけながらイク女性
    「あー、またイキそうよ」
    そう言うと、舞さんは私の鼻を押しつぶすかのように女性器をこすりつけてくださいます。
    ほどなく本日何回目か?(この頃になると何回イッたのかご本人も不明だったそうです。)の絶頂を迎えられました。

    何回イッたのかわからないくらい、顔面騎乗クンニで何度も絶頂に達する女性
    このあと、ローターをはずし舌だけでソフトに舐めさせていただきました。
    気持ち良くなって、顔騎しながらグリグリと男の顔に女性器をこすりつける女性
    そのうち、舞さんはまた気持ち良くなってしまったのか、グリグリと私の顔を使ってくださいました。
    舌も顎もかなり疲れ、上唇の裏側も圧迫による内出血で痛んできました。
    しかし、「女性の快楽に奉仕させていただける道具」としての存在。
    その喜びに痛みも快感に変わってきました。

    騎乗位SEXのようなバイブ顔面騎乗

    次に舞さんは電動バイブを使ってみたいと言われました。
    先日、カウンターで「顔面騎乗にはローターだけでなく、バイブを咥えるスタイルもあるんですよ」とお話したところ、興味津々で聞いていた舞さんから絶対に持ってくるように言われていました。
    舞さんは今まで何回かはバイブを使ったことがあるそうです。
    電動バイブを口に咥えての顔面騎乗
    私は電動バイブを手に取ってにコンドームを被せてから、根本の部分を咥えました。
    根本の部分は案外太く、口を大きく開ける必要がありました。
    電動バイブを手に取ってにコンドームを被せてから、根本の部分を咥える男
    傍らに立った舞さんは好奇心旺盛の瞳で私とバイブを見下ろしています。
    無言のまま男の顔を跨ぎ、バイブを秘唇の中心にあてがう女性
    舞さんは無言のまま私の顔を跨ぐとバイブを秘唇の中心にあてがいました。
    眼前でバイブの先端が舞さんの中に少しずつ入っていく光景に、いやがおうにも私の鼓動は早くなります。
    ん!? なかなか入りません。やや緊張して力が入っているようです。
    眼前でバイブの先端が少しずつ女性器に入っていく光景に、いやがおうにも鼓動は早くなります
    舞さんは身体の位置を変え、バイブを途中まで出し入れしています。
    身体の位置を変え、バイブを途中まで出し入れしています
    バイブの根本に近い部分を握ると、そのまま舞さんの中に導き入れました。
    その瞬間、舞さんの口から「あぁっ」と声が漏れました。
    バイブの根本に近い部分を握ると、そのまま女性器の中に導き入れました
    途中まで入れてみたものの、どうも角度が良くないのか、また身体の位置を変え、少しづつ出ししれしています。
    途中まで入れてみたものの、どうも角度が良くないのか、また身体の位置を変え、バイブを少しづつ出ししれしています
    何回か出し入れを繰り返し、だんだんとバイブもなじんできたようです。
    何回か出し入れを繰り返し、だんだんとバイブもなじんできたようです
    舞さんはポジションを決めると、深いため息とともにゆっくりと腰を沈めていきました。
    バイブを咥えた唇に女性器の秘唇がふれ、男の顔は女性のお尻の中にだんだんと包まれていきました
    バイブを咥えた唇に舞さんの秘唇がふれ、私の顔は舞さんのお尻の中にだんだんと包まれていきました。

    何度も絶頂に達する舞さん

    舞さんはバイブを咥えた私の顔にゆっくり腰を下ろすと、手元にあったバイブのスイッチを入れました。
    最初は「弱」にしてバイブの先端が動くのを確かめているようです。
    バイブを咥えた男の顔にゆっくり腰を下ろすと、手元にあったバイブのスイッチを入れる女性
    そして、私の顔を騎乗位Sexするをするかのように、上下に腰を振り始めました。
    バイブの振動で口の周りがブルブルしてくすぐったくなってきました
    バイブの振動で口の周りがブルブルしてくすぐったくなってきました。
    男の顔と騎乗位Sexするをするかのように、上下に腰を振り始める女性のお尻のアップ画像
    時折、バイブの挿入感を確かめるようにゆっくりと腰を動かす舞さん。
    少しずつ角度を変えながら、ご自身の身持ちいい場所にあたるポイントを探しているようです。
    バイブの挿入感を確かめるようにゆっくりと腰を動かす女性
    だんだんと舞さんの腰の動きが早くなってきました。
    静かな空間で、舞さんの気持ちよさそうな声とパンパンと顔にお尻があたる音、あと、バイブのモーター音だけが聞こえています。
    女性の気持ちよさそうなあえぎ声とパンパンと顔にお尻があたる音、バイブのモーター音が聞こえています
    「すごく気持ちいいよ!」
    そう言うと、バイブの強さを「強」にされた舞さんは更にしっかりと私の顔に座り込みました。
    バイブを強くして更にしっかりと男の顔に座り込む女性
    鼻も口も柔らかなお尻の中に埋め込まれていきます。
    顔面騎乗で何度となく小刻みに震えながら絶頂を迎える女性のお尻
    舞さんの腰の動きが尚一層早くなりました。
    バイブをしっかり咥えていないと舞さんに持っていかれそうです。
    「あーまたイっちゃう・・・」
    鼻も口も柔らかな女性のお尻の中に埋め込まれていきます
    舞さんは何度となく小刻みに震えながら絶頂を迎えられました。と同時に私も脳内でまたイクのを感じました。

    しばらくして、けだるそうにバイブを抜いた舞さんは再び私の顔に座りました。
    ほてったお尻の下で、鼻も口もピッタリと塞がれ息が全くできない状況に、私は改めて幸せを感じてしまうのでした。

    ギャラリー

    • Facebook
    • Hatena
    • twitter
    • Google+

    顔騎撮影同好会

    ギャラリー

    メンズバリュー掲載記事 「リラックスしながら窒息」こそが最上級

    メンズバリュー掲載記事(小)

    多くの悩めるフェチ男性の救世主であるスージーQさんのメンズバリュー連載コラム「スージーQの1/5000本」で、当サイトを記事にしていただきました。
    『顔騎歴20年の玄人が語る”飴と鞭”の快楽 「リラックスしながら窒息」こそが最上級』の詳細をブログにて公開中。

    オリジナル顔騎動画

    オリジナル顔騎動画

    当サイトの顔騎モデル出演による
    オリジナル顔騎動画を配信中

    フェチモデル募集

    顔面騎乗のモデル募集

    フェチモデル募集に関する詳細なご案内はこちらから。

    PAGETOP
    Copyright © DeepInside [窒息顔騎] All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.