美しい女性の脚をより引き立てるパンストには、私も惹かれるものがあります。
ちょうど、フェチは一生治らない・・。 | 新・煩悩日記さんのブログにて収集したパンストの記事がありました。
こんな画像(引用元:新・煩悩日記)を見ると思わず涎がでてしまいます (゚ー゚;Aアセアセ
パンストへの執着
↑画像クリックで当該記事にジャンプ

夏の暑い日に一日中穿いたOLさんのパンスト、冬の寒い日にブーツに包まれていたパンスト(タイツ)には、女性の脚を包んでいた証がほんのりと染みこんでいることと思います。
そんなパンストの匂いを密かに嗅いでみたいと常々思っています。
たまに女のコ同士の会話で、『あ~パンストが伝線しちゃった』っていう言葉を聞く度に、いつも思うんです。
これまで何度となくそのコの脚を包み、美しく引き立ててきたそのパンストも、とうとう使命を全うしたのだと。
あわれにも伝線したパンストは、そのままゴミ箱に捨てられゴミ処理場に送られるのだと。
そのまま捨てるのなら、どうかそのパンストを譲ってもらえませんか?と。

でも、決してそんなことは言えません。
見ず知らずの女性にそんなことを急に言ったら、ホントただの変態です。
女性からしても、自分の着用していたモノが何に使われるかわからなくて気持ち悪いでしょうし、そもそも知らない男からそんな事を言われたら怖いですよね。

実際に声をかけてしまった男性の記事(出典元:新・煩悩日記)
なので、私の場合は主に顔騎モデルさんにお願いすることが多いです。
わりと快く譲っていただいています。
ただ、面倒臭い奴なんですが、どんなパンストでもいいわけじゃありません。
・できたら、長時間穿いていたもの
・できたら、顔騎する前のもの
パンストについている匂い、その匂いは女性のものだけであることが重要です。
顔騎モデルをして、顔騎中の私の汗や呼気がついたパンストは魅力半減です。
フェチはこだわるんですよね。

さて、ネットで調べていたら興味深いブログを見つけました。
北海道各地の心霊スポットに行き、写真撮影・その場所の説明などをのせるブログ『心霊スポットAGO』によれば、パンストホテルという心霊スポットがあり、穿いていたパンストを脱いでおいてこないととりつかれるそうです。
パンストホテルという心霊スポット
(出典元:心霊スポットAGO)
行ってみたいけど、小心者なのでこの手の場所は苦手です (ノ_-;)ハア…