女性のお尻で顔に座っていただくことの素晴らしさに気づいてしまった管理人いすおが、自身の経験をもとに様々な角度から顔面騎乗を探求し、中でも窒息顔面騎乗に関して、広く情報発信をしていきます。

圧迫系顔騎

さまざまな顔面騎乗
顔面騎乗には大きく分けて「圧迫系顔騎」と「奉仕系顔騎」の2種類があります。

男性の視点からいえば、前者は苦しい鞭で、後者はどちらかといえば蜜の顔騎ということになるのでしょうか。

ただ、どちらの顔騎も女性が楽しむ事が目的で、男性の顔はそのための道具であることに違いはありませんが・・・

圧迫系顔騎

フェチ的要素が強い顔騎

フェチ的要素が強い顔騎

フェチ的要素が強い顔騎

これは主として、女性が男性を服従させたい時の顔面騎乗です。

SMにおける女王様の調教の過程において、奴隷であるM男性の顔をお尻で押し潰しながら呼吸をコントロールするシーンが代表的なのではないでしょうか。

また、ポゼッションプレイとしての顔面騎乗では、男性の顔を家具である椅子にみたて、人間家具としてひたすわ座り続けるシーンも思い浮かびます。

このタイプの顔面騎乗は、女性は下着や水着、スカートやジーンズといった衣類を着た状態で行われることも多く、男性の口が女性器に直接触れないことから、性行為というよりは「窒息」や「物質化」というフェチ的要素が強い顔騎ともいえます。

この顔騎の楽しみ方

(1)窒息させる
女性にとっての圧迫系顔騎の楽しみ方

女性にとっての圧迫系顔騎の楽しみ方

男性の鼻も口も完全に塞ぎ、何分呼吸を我慢できるか?といった楽しみ方ができます。

男性の口をガムテープで完全密閉し、鼻でしか呼吸ができないようにします。

男性の身体や頭もテープやロープ等で固定し、途中で苦しくなっても身動きできない状態にします。

目隠しやボンデージテープ等で男性の視界を閉ざしても面白いかもしれませんが、だんだん息苦しくなって悶え苦しみイスの表情が見たい場合は不要です。

そして、仰向けにした男性の顔の上に徐々に腰を下ろしていきます。

男性にとって呼吸できるのは鼻だけです。その鼻をお尻でしっかりと塞ぐように座ります。どんなに苦しくなっても絶対に逃げられない状況です。男性の生死の権利は全て女性にあります。

また、女性が下着等を着用せずに素尻のままで座る場合、窒息の度合いは高くなります。
下着等の衣類の場合だと、繊維の間の空気の層により完全密閉とはなりにくいのですが、素尻での顔騎の場合は、女性のお尻と男性の顔の肉同士が密着することから、より密閉度の高い顔面騎乗となります。

(2)人間家具として使う
男性の顔を人間家具として座る女性

男性の顔を人間家具として座る女性

男性の顔を家具として使って楽しむ。
女性が食事をする際の椅子だったり、読書や映画を観たりする時に座るクッションだったり・・・
男性の顔は女性のお尻を支える座面となります。

このようなポゼッションプレイにおいては、男性の一切の人格を剥奪し、いかにモノとして扱うかが重要になります。また、女性専用の人間椅子の他に人間ベッドや人間便器として使うケースもあります。

OL着衣顔面騎乗

顔面騎乗を楽しむ女性

このような圧迫系顔面騎乗の際、座っている時の女性の気持ちについて、ある女性がご自身のブログに書かれていました。
記事転載のご許可をいただきましたので、以下にご紹介いたします。

顔面騎乗で、わたしのお尻が感じていること

顔面騎乗の、上(つまりわたしのお尻)で何を感じているのか……って下(になっている)者からはあまり分からないと思います。

まず、色気のない話になりますが、温風(M男性の熱息)が、お尻の割れ目のなかに注ぎ込まれている感覚があります。

お尻のほっぺとほっぺのあいだが蒸気で濡れる感覚がします。(結露しそう・笑)

すぅーすぅーという吸い込む音がするときは涼しさを感じます。
ふぅーふぅーと息を吐く音がすると同時に生温かく湿り気を感じます。
(ちなみに舌でのご奉仕なをどさせて状態のお話です)

「あぁ、生き物に跨がって、座っているのだなぁ」
という実感はこれ(上記のこと)だけです。

あとは正直、頬骨なり、何かかたい「もの」の上に座っているというだけの感覚、他ならない。

次第に、この椅子(座りもの)が生きているなんて忘れかけます。

ただ、顔をずらして必死に呼吸確保を挟んだり、不届き者の椅子だとわたしのお尻の谷間のなかで思い切り息を吸い吐きするもんだから、「ぶぶぶぶぶ」とオナラのような音をたてたりします。その際に、あぁ、人間椅子って生きていたんだっけと思い出します。

わたしは着座する際、眼に座らないようにし、位置を考える。そして自分のお尻の肉を指で押し開け、椅子の鼻を、お尻の奥へねじ込みます。そしてぴたっとお尻の肉を被せるようなかたちにします。 で、わたしは全体重で座ります。

本当に、(呼吸をさせる)タイミングを間違えば死ぬと思います。

どんなにわたしを退かそうとしても、わたしのお尻は大きく圧迫感があり、重く、しかも不随する太ももも強烈な筋肉・脂肪コーティングの圧迫感、重厚感で、退かすなんてとてもムリだと思います。 酸欠状態で慌てている男性にも退かせられる予感がしません。
なので、逃げられることはない。

だからこそ、殺すか生かすかの決断の舵はわたしにある。

顔面騎乗の呼吸のことなど、医療系の姉に聞いたりもします。
他にも色々と失敗談や、知識人にお話を訊いたりします。
わたし、大好きなんですよ。顔面騎乗って。妖しくも優雅じゃないですか。

だからこそ、もっと深みへという要求が強い。

わたしが感じたくなったら腰をくいくい振って鼻にこすりつければいいし。(わたしの腰遣いはレゲエダンサー並・笑)
(略)

この女性は顔面騎乗を深く貪欲に探求していかれています。
イスとしても、このように顔面騎乗に理解をいただき、顔に座ることを楽しむS性をもった女性に座っていただけることは、大変幸せなことに違いありません。

顔面騎乗で死ぬ

完全拘束での顔面騎乗

完全拘束での顔面騎乗

ある女性との圧迫系顔面騎乗の思い出のプレイです。

お尻で圧迫して男性が窒息状態で苦しめば苦しむほどその姿に興奮するという女性、かねてより女性のお尻の下で苦しみたいという私とのお互いのニーズがマッチしプレイしてみることになりました。

圧迫と窒息をできりだけ維持しながら顔面騎乗してみたいとのことで、市販ラップ、ダクトテープ、ボンデージテープ、麻縄を使っての拘束をした上でのプレイとなりました。

気をつけの姿勢で床の上に立った私。
私の頭のてっぺんからつま先まで、彼女は市販のラップでぐるぐる巻きにして、次にダクトテープとボンデージテープでラップが剥がれないように上から更に補強して巻きつけていきました。

私の鼻以外は全てテープで巻かれています。

完全拘束での顔面騎乗 2

完全拘束での顔面騎乗 2

その後、ベッドの上に仰向けに寝転んだ私の足首をベッドの足に麻縄で結びつけ、頭もダクトテープでベッドシーツに貼り付けてきました。

こうなると下半身は一切動けません。

ダクトテープで巻かれた頭は、この時はまだかろうじて左右に動かせました。(が、じきに彼女のお尻で押さえつけられたので、全く動かせなくなりました)

黒いショーツに黒パンストの彼女は、私の頭を跨いで立つと、ゆっくりと座り込み私の鼻の穴を的確に塞ぎました。

最初のうちは彼女のお尻の中に埋没する心地さにひたっていましたが、時間が経つにしたがい、次第に息苦しくなってきます。
バタバタしている私の様子を彼女はお尻を通じて感じているのでしょう。
楽しそうに笑っている彼女の声が遠くから聞こえてきます。

彼女は全体重をかけてベッドの中に私の後頭部を押し込み、片手で私の顎を彼女の股間に引き上げて密着させ、もう一方の手で私の頭が左右に動かないように更に押さえつけます。
酸素を求めて頭を動かそうにも、全く動かすことができません。

こうなってくると、お尻に埋没する心地よさをたのしむどころではありません。呼吸をしようと必死にもがきました。
時間にしたら2分ぐらいでしたが、何時間にも感じました。

3分経とうとした頃、どうにもこうにも苦しくて半身になって半ば強引にお尻をどかす形でようやく呼吸ができました。

いや正確には違いました。

後から撮影した動画で振り返ってみてみたら、彼女がややお尻を浮かしてくれたので、半身になれていただけでした。

顔面騎乗されながら窒息死寸前

顔面騎乗されながら窒息死寸前

3分間1ラウンドの窒息顔騎が数ラウンド続いた時、半身になって毎回呼吸をする私に向かって「もっとアナタの苦しむのをお尻で感じさせてくれない?」と彼女は言いました。

長く続いた窒息状態に過呼吸気味の私としては、窒息は正直もうお腹いっぱいの状況でしたが、彼女の「もっと感じさせてくれない?」という妖艶な言葉と口調に、苦しい窒息顔面騎乗が続くのはわかっていましたが、即座に「はい」と答えていました。

彼女は上半身を拘束したテープを切り開き、私の左右の手首をベッドの左右の足とを麻縄で結びつけました。

ベッドに十字に縛り付けられた状態で、こうなるともう半身になることもできません。

今度は彼女は顔面騎乗しながらテレビを見始めました。
放送されていたのはお笑いの番組だったと思いますが

時々、面白いギャグをやっているのか彼女の笑い声が聞こえてきます。
私のことなどお構いなしにテレビに集中しているようです。
彼女のお尻を支える人間椅子状態の顔面騎乗が続きました。

特に苦しかったのは、サイドスタイル顔面騎乗(私の顔に対し90度の角度で座る顔面騎乗)の時でした。
既に何分経ったのだろう?

泣いても止まらない窒息顔面騎乗

泣いても止まらない窒息顔面騎乗

片手で私の肩を押さえつけながら座る彼女。(上記画像の最後のシーンです)
手足がベッドに縛り付けられた中で、酸素を求めかろうじて動く腰を浮かし身体を捩って頭を動かそうをしますが、お尻でしっかり押さえつけられた頭は全く動かせません。

できたことは彼女のお尻の下でくぐもった唸り声に近いものを弱々しくを発することだけでした。

その数分後(実際には数秒でしたが、とても長い時間に感じました)、やっと呼吸をさせてもらえたので死にはしませんでしたが、あの時、一向にお尻を浮かせてくれない彼女の様子に、このまま彼女のお尻の下で死んでいくと思いました。

実はこの彼女、前述の「顔面騎乗で、わたしのお尻が感じていること」のブログ記事を書いた女性です。

窒息顔面騎乗はそれなりに体験もして気道閉塞で窒息の苦しさも理解していましたが、彼女とのプレイはその当時の私にとって、それまで経験したことがない圧迫と窒息での苦しい顔面騎乗でした。

ですが、容赦ない的確な窒息顔面騎乗を楽しむ彼女の様子に、「このまま本当にこの女性のお尻の下で死んでいくのもいいかな」と思った瞬間があり、充実した濃い顔面騎乗を体験できた思い出のプレイです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

メンズバリュー掲載記事 「リラックスしながら窒息」こそが最上級

メンズバリュー掲載記事(小)

多くの悩めるフェチ男性の救世主であるスージーQさんのメンズバリュー連載コラム「スージーQの1/5000本」で、当サイトを記事にしていただきました。
『顔騎歴20年の玄人が語る”飴と鞭”の快楽 「リラックスしながら窒息」こそが最上級』の詳細をブログにて公開中。

オリジナル顔騎動画

オリジナル顔騎動画

当サイトの顔騎モデル出演によるオリジナル顔騎動画を配信中。

フェチモデル募集

顔面騎乗のモデル募集

フェチモデル募集に関する詳細なご案内はこちらから。

PAGETOP
Copyright © DeepInside [窒息顔騎] All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.