女性のお尻で顔に座っていただくことの素晴らしさに気づいてしまった管理人いすおが、自身の経験をもとに様々な角度から顔面騎乗を探求し、中でも窒息顔面騎乗に関して、広く情報発信をしていきます。

    窒息と死

    顔面騎乗と窒息

    顔面騎乗と死への誘惑

    ヴァニタスの静物画
    (画像:ヴァニタスの静物画)

    正直、私は顔面騎乗していただきながら、女性のお尻の下でそのまま死んでしまいたくなる誘惑にかられる時があります。崇拝する女性のお尻に包まれ、苦しくも心地良い窒息状態がいつまでも続くことを願う時、限界以上まで我慢してしまいます。
    もし、強制的に逃げられない状況でそのまま死んでしまっても、それは私が女性のイスとしての本懐を遂げたことに他ならないと思っています。
    ですが、現実的に死んでしまったら、自分はよくても座っていただいた相手の女性にも、はたまた周囲の方にも迷惑をかけることになってしまいます。
    本章では、顔面騎乗で死ぬまでいかないレベル「失神」という死の疑似体験をご紹介します。
    また、後半は「気道閉塞による窒息の症状と経過」を参考記事として掲載します。

    「失神」という死の疑似体験

    顔面騎乗で失神したいと思いながらも、いつも息苦しさを我慢できずになかなか失神できません。
    自分的にも我慢が足りずヘタレだと思いますが、あの窒息の苦しさを乗り越えて顔面騎乗で失神した人って果たしているのでしょうか?
    そんなふとした疑問から「顔面騎乗 失神 窒息」というキーワードでググってみました。

    すると、検索中に窒息と失神に関係する興味深い記事を見つけました。
    ラ・シオラ在籍のAKIHO女王様のブログです。
    私はAKIHO女王様にお会いしたことはありませんが、記事を引用させていただきご紹介したいと思います。

    『失神』

    1. 顔面騎乗ー口や鼻といった呼吸器を塞ぎ、呼吸できないようにし、窒息させる。
    2. 首を絞めるー直接、頚動脈洞を圧迫し、頚動脈洞反射を引き起こし、脳に酸素が行き届かないようにする。(頚動脈洞性失神)。
    3. 他ー喉仏を押し込め、気管を塞いで肺に空気が行き届かないようにし、窒息させる。

    しょっちゅう落とされたりしていると、少し絞められただけで落ちる落ち癖が付いてしまうなお短時間に複数回絞め落とされると、ほぼ間違いなく失禁してしまうため注意が必要である。
    頸動脈を絞めて意識が遠くなる瞬間と射精感が合わさると想像を絶する快感が走る。

    (引用元:呼吸管理の快感考1)

    窒息による失神は大きく分けると下記の2種類です。

    頚部圧迫による窒息失神(strangulation)

    頚部圧迫による窒息失神太もも首絞め脳血流の遮断。頚部を圧迫することで頚部血管を閉塞させ、脳への酸素供給の遮断することが原因。

    頚動脈が圧迫されることで血圧がさがり、脳に運ばれる血液が少なくなる。結果、脳に供給される酸素が少なくなり意識を失う。徐々に意識が薄れていき最後は気を失うので苦痛を味わうことはほとんどない。(と言われています。)

    頸部にある重要な血管、頸静脈・頸動脈および脊椎動脈の閉塞に要する力について、外国で行われた人体実験によると、血圧が170ミリの場合に、頸静脈は約2kg、頸動脈は約3.5kg、脊椎動脈は約16.6kgの力で血行が停止された。

    また、気管は約15kgの力で閉鎖される。
    失神に要する時間は数秒から数十秒。柔道の絞め技で「おちる」のもこのケース。

    気道閉塞による窒息失神(suffocation)

    気道閉塞による窒息失神顔騎肺胞への酸素供給の障害。気道の閉塞により肺胞に酸素が届かず、血液に酸素が供給されないことが原因。気道が圧迫されることで呼吸ができず、肺に酸素が 供給されなくなる。

    結果、脳に供給される酸素が少なくなり意識を失う。失神寸前まで意識がハッキリと残っている状態が続くので苦痛を伴う。失神に要する時間は数分

    また、気道閉塞による酸素供給の遮断が完全に近い場合、多くの場合数分から10分で死に至る。

    尚、頚動脈洞を圧迫されて失神した者は絞めるのを止めるとすぐに脳への血流が再開するため問題はないが、気道を圧迫されて失神した者は放置しておくと危険なため、直ぐに蘇生のため応急処置が必要。

    下手すると死んでしまう危険性もある窒息ですが、女性のお尻で呼吸を奪われることに淫靡なる死(失神)への誘惑と恐怖を感じてしまいます。

    ちなみに、気道閉塞による窒息により死に至るまでの経過は次章の「気道閉塞による窒息の症状と経過」の通りです。

     

    気道閉塞による窒息の症状と経過

    酸素供給が停止後、次の4段階を経て窒息は進み最終的に死に至ります。
    気道閉塞による窒息の症状と経過

    無症状期

    最初の1分・・・
    気道が閉塞されても体内に備蓄された酸素が利用できるため、しばらくの間はまったく無症状で経過する。

    呼吸困難期

    2分・・・
    吸気性呼吸困難により心拍数、血圧が上昇し、チアノーゼがみられる。
    その後、呼気性呼吸困難により、脳血流における無酸素、低酸素により痙攣・徐脈傾向が出現しついには意識消失に至る。

    無呼吸期

    3分・・・
    呼吸中枢の高二酸化炭素血症に対する反応が減弱し、呼吸数が徐々に減少する。
    徐脈・血圧低下は著明となり、心臓の心室が小刻みに震えて全身に血液を送ることができない状態になる。
    持続は2分程度で、この期に至る前に救命処置を施す必要があるとされる。

    終末呼吸期

    4分・・・
    呼吸中枢は麻痺し、深くゆっくりした呼吸が数回行われ、その間隔が長くなって呼吸停止に至る。
    その後、心停止に至る。

    こうして見ると、案外簡単に『窒息』になり死んでしまうんです。

    ***Source
    名古屋市立大学 大学院医学研究科・医学部
    http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/

    • Facebook
    • Hatena
    • twitter
    • Google+

    顔騎撮影同好会

    メンズバリュー掲載記事 「リラックスしながら窒息」こそが最上級

    メンズバリュー掲載記事(小)

    多くの悩めるフェチ男性の救世主であるスージーQさんのメンズバリュー連載コラム「スージーQの1/5000本」で、当サイトを記事にしていただきました。
    『顔騎歴20年の玄人が語る”飴と鞭”の快楽 「リラックスしながら窒息」こそが最上級』の詳細をブログにて公開中。

    オリジナル顔騎動画

    オリジナル顔騎動画

    当サイトの顔騎モデル出演によるオリジナル顔騎動画を配信中

    フェチモデル募集

    顔面騎乗のモデル募集

    フェチモデル募集に関する詳細なご案内はこちらから。

    PAGETOP
    Copyright © DeepInside [窒息顔騎] All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.