この記事はTwitterで呟いたものですが、わりと正直に書いた気持ちなのでブログにまとめておきます。


かなり前のこと、顔面騎乗が好きだという女性の椅子にしていただいたことがあった
ストレッチフィルムで全身拘束、口にはガムテープ
唯一空いているのは鼻だけ
そこを完全に塞ぐ彼女のお尻
全身ラッピングされているせいか、暑いし普段よりかなり苦しい

ほどなく窒息で苦しくなる
それでも彼女は私の頭を両方の踵で挟み続ける
上下も横も向けない私の鼻は、彼女のお尻の中に完全に埋没したまま
イモムシ状態で必死に酸素を求めてもがく私
遠くで彼女が笑っている声が聞こえる

そんな状態が数分続く
こういう時は、永遠の時間に感じると思っていたけど、そんな余裕はなかった
動けないながらもバタバタしてたように思う
この時、本当に死ぬかと思ったけど、私はまだ生きている
鮮明に記憶に残っている顔面騎乗体験の一つで、私にとっては勲章のようもの


この【顔騎追想】を書いたのは、もうじき死ぬかもしれないからw

近く顔面騎乗モデルをしてくれるであろう彼女
思う存分顔面騎乗をしてみたいと言う彼女
きっと顔面騎乗を楽しみ方を熟知しているであろう彼女

顔騎モデル

このように楽しんで顔面騎乗をしてくださる女性に座っていただけることこそ、椅子冥利に尽きること
彼女の楽しみのお手伝いができるよう、私としても悔いのないよう精一杯の椅子になろう

顔面騎乗を楽しむ女性に座っていただけるのは、椅子としても楽しいものです
時に、苦しくつらく痛くもあるかもしれない

だけど、そんなちっぽけな苦痛は、楽しみながら顔面騎乗をしてくださる女性を前にして全て昇華されてしまう
それまでの苦痛が一瞬だけ快感に変わる
その時間はほんの数十秒
そしてまた、窒息の苦痛がやってくる
貴女のお尻の下でこのまま死ねるなら、それはそれでそれそれで自分は構わないのです

こんなことを考えていると、絶対いつか女性のお尻の下で死ぬ気がしてならない
自分が死んだら相手の女性をはじめ、周囲の方にも迷惑がかかる

なので、完全犯罪的な計画を練ろう
相手の女性に絶対迷惑がかからない綿密な準備をして
そして、御礼は死亡保険金で
となると、1年間は準備期間が必要かな

完全犯罪となる顔面騎乗殺人事件ネタは考え出すと止まらない(*´ェ`*)