ここ最近、次のような質問をたびたび受けます。

『たくさん顔面騎乗されていいですね』

『どうしたら顔面騎乗パートナーと出会えますか?』

『どうしたら顔面騎乗してもらえますか?』

このような質問に対する明確な答えはありません。

それでも、参考にならないかもしれませんが、私の場合・・・を書いてみます。
何かの参考になれば幸いです。

(1)人と出会う機会を多くもつ

たまたまこのような『窒息顔騎』などどというWeb・ブログを運営していることもあってか、男女問わず顔面騎乗等の特殊な趣味に興味関心のある方と知り合う機会が多くなりました。

男性でも女性でも、仲良くなった方とは自分の知識・見聞を広めるためオフでもよくお会いしています。
今まで実際に会った方といえば、同好の方、AV監督さん、SMの女王様、一見普通の女性といった方々です。

お会いして思ったのは、(私も含め)マニアックな方はやはりマニアックです。(^^;)
このように、まずは同好の方との知り合う機会を多くもつことが、最終的にパートナーと巡り会える近道だと思います。

(2)相手の気持ちを考える

Web・ブログで顔面騎乗モデル募集してから、何人かの一般女性より応募&問い合わせをいただいています。

ただ、応募いただいた方全員に顔面騎乗モデルをしていただいているわけではありません。
内容の説明はもちろん、私にとっての顔面騎乗・・・それはスポーツに近いものなんです・・・を説明させていただいた上で、モデル検討をお願いしています。

いずれにしても『いきなり顔面騎乗して下さい』はありません。
私にとって、顔面騎乗はスポーツに近いものであっても、他の人にとっては性行為・前戯を想像するものであったりと、顔面騎乗という行為を私とは全く違う視点で考えている場合がかなり多くあります。(というより、私がマニアックすぎるんですけどね)

初対面の女性にいきなり『Sexさせて下さい』などと言っても変質者呼ばわりされるのがオチですよね。
顔面騎乗もそれと一緒です。

相手の女性の考えや気持ちを洞察し理解しながら接していくこと、そして、何よりも相手の女性が楽しく快適な時間を過ごせることを心がけ実践していくことが重要だと思っています。
顔面騎乗パートナーとの出会い方

 

もしかしたら、顔面騎乗のパートナーは案外身近にいるかもしれませんよ。
それは彼女であったり奥様であったり、はたまた様々なクラブの女性だったり・・・
顔面騎乗が好きで好きで大好きで、ガンガンとお尻の下敷きにして欲しいと願う気持ちは十分理解できます。

ですが、あまり焦らないでください。
私のような者が何を偉そうな事を言ってとお叱りを受けるかもしれませんが、ガツガツせず、気負いせず、かといって鈍感にならずにアンテナはしっかりはっておく、その上で、人とのコミュニケーション力を日々高めていけば、自然とパートナーは見つかるのではないかと思います。

さて、2012年は私にとって、Webサイトを立ち上げたり、様々な顔面騎乗を体験した慌ただしくも実り多い一年でした。
皆様はどのような一年でしたでしょうか?

今年は本記事が最後となります。
今年一年、お世話になりました。ありがとうございました。

来年はこのサイトを訪れていただいた皆様にとって、尚一層充実した顔面騎乗ライフの年となることを祈念しています。
良いお年をお迎え下さい。

 

<追伸>
ガンキスキーさん、ご質問のお答えになっていますでしょうか。
よいパートナーさんと出会えるといいですね。