先日の飲み会の帰り道、同僚の女性にお願いしたペティキュアの写真を撮らせてもらいました。
昼休みの応接室、ドアに鍵をかけて2人きり。

つきあいもそれなりに長く、気心の知れたコではありましたが、鍵のかかった密室で2人きり、しかも昼間の会社・・・
緊張感と背徳感はいやがおうにも高まります。

あ!断っておきますが、彼女とはあくまで職場の同僚という関係で、それ以上のものは今までも今後もありません。

なんだかんだ言いながら、若干の恥ずかしがるそぶりを見せながらもストッキングを脱いで生足になってくれました。

さぁて、いざ撮ろうとカメラを構えた時、なぜか急にドキドキしてきました。
『女性の足』という存在を強く意識しました。

シャッターを切る手が少し震えました。
「あは! 何照れてるんですか?」
逆に年下の彼女の方が堂々としていたみたいです。

「別に照れてないよ」と、照れをごまかしながら数枚の写真を撮らせてもらいました。

その時の写真がこれです。
職場の女性とフェチプレイ
OLさんの生足。
職場の女性とフェチプレイ
ピントがあう前にシャッターボタンを押してます(^^;)
職場の女性とフェチプレイ
ちょっと休憩。
それからというもの、一段と『女性の足』に興味をもつようなりました。
職場の女性とフェチプレイ
もともと『女性の脚』は好きでした。
職場の女性とフェチプレイ
このようにパンストを穿く瞬間はととても艶っぽいと思います。
職場の女性とフェチプレイ
足の裏についてもしかり。
ストッキング・・・特に黒がいいですよね。
職場の女性とフェチプレイ
思わずキスをしたくなります。
職場の女性とフェチプレイ

もし、こんな状況になったら・・・

感極まって一気に撃沈ですね。