顔面騎乗の小説当サイトも顔面騎乗の小説コーナーを作りたいと常々思っていましたが、如何せん文才のない私には到底ムリと諦めていましたが、なんと、フェチ小説界でも有名な作家である笛地静恵氏が、当サイトのために小説を書き下ろしてくださいました。

「女騎士の館」というタイトルの本作品は、処刑顔騎+サイズフェチ(小人男)というダブルストライクのストーリーです。繊細な情景及び心理描写に感心と興奮しながら一気に読んでしまいました。

笛地氏にはこの場にて改めて御礼申し上げます。

「女騎士の館」は顔面騎乗小説にて掲載していますので、是非、お楽しみください。

尚、「女騎士の館」については、私のマニアックなイメージ画像になりますが、3Dソフトによる画像化を順次行っていく予定です。