申込時点より大盛況

顔騎踏襲金蹴秋祭での人間イス取りゲーム

昨日、都内某所で開催した『顔騎踏襲金蹴秋祭』、これまで何度かご参加いただいたリピーターの方々や、初参加の男性参加者の方々のおかげで大盛況に終わりました。
6時間のロングイベントではありましたが、普段なかなか実現できないフェチ願望を本イベントで体験していただけたようで、殆どの方がラストまでいて各々のフェチを楽しんでいただきました。
今回も非常にたくさんの方にご参加いただき、本当にありがとうございました。

このようなフェチ体験型イベントも4回目の開催となり、回を追う毎に参加いただける方が多くなってきています。今回の参加受付に際しても、予想以上に多くの方々にお申し込みをいただき、予定より早く締め切らせていただきました。
定員の都合により参加をご遠慮いただいた方々、大変申し訳ありませんでした。また次回以降の参加ご検討をよろしくお願いいたします。

新人女性スタッフの参加

お迎えする女性スタッフにつきましても、今回、当サイトの女性スタッフ募集でエントリーいただいた方々にもお越しいただき、いつものレギュラーメンバーの他に新たに4名の女性に参加いただきました。
彼女達のエントリー動機は、「フェチには興味あるけれど、普段体験する機会がないので体験してみたい」、「たくさんの男性を遠慮なく踏んだり蹴ったりしてみたい」とのこと。本イベントでは十分すぎるくらい踏んだり金蹴りしたり顔面騎乗したり、他にもいろいろな体験をしていただき、大いに楽しんでいただきました。

男性参加者の皆様が本イベントで満足していただけるのは、やはり、女性スタッフ自身もイベントを楽しんでいただけるからなのだと、本イベントを終えて改めて感じました。

また、今回は椅子取りゲームで大入袋がふんだんにでましたし、体験コーナーも大人気でしたので、謝礼の方もかなりバブリーだったようで、この点でもご満足いただいけたのではないでしょうか。

この記事をご覧になられた女性で、今後のイベントでお手伝いしていただけるありがたい方がいらっしゃいましたら、当サイトの女性スタッフ募集のページから是非エントリーをお願いいたします。(現在、募集中止しております)

人間床

今回の企画の一つである「人間床」は、フロアー一面に男性の皆様に仰向けに寝ていただき、その上を女性達が歩くという内容です。

部屋の端から端まで男性の皆様が寝ていただいた光景は壮観。その上をニーハイブーツやヒール、もしくは素足で何度も往復する女性達。
適度(それ以上?)に踏まれたり、女性を下から見上げる光景に、踏み系フェチの方はもちろん、今回、初めて踏みを体験された方も楽しんでいただけたようです。

顔騎踏襲金蹴秋祭での人間床

人間イス取り 秋バージョン

女性のお尻に食べられる男性の顔

前回に続き今回も人間イス取りをやっちゃいました。

天井からほぼ逆さ吊りにされ、上半身のみ仰向けに寝た男性の上を取り囲む女性達。
音楽が止まるとともに、女性達が一斉に男性の顔をめがけて座り込みに入ります。

顔騎踏襲金蹴秋祭での人間イス取りゲーム

最初に男性の顔に座った女性が勝ちではありません。

そこから、まるで柔道の寝技のように押さえ込みにはいるのですが、くんずほぐれつの状態になりながら、顔に座った女性を別の女性達が押しのけ引っ張って引きずりおろし、その間に別の女性達が我先にと男性の顔を目がけて座りにいきます。
今回は大入袋が奮発されているので、女性達も気合の入り方が違います。
男性の顔は女性達のお尻や太ももに押しつぶされ、もみくちゃにされていました。

この光景は「まるで、女性のお尻に食べられている男性の顔」という表現しか思い浮かびません。

ハイパー版のイス取りは、プラス窒息顔騎

そして、今回は勝った女性にそのまま窒息顔騎をされるというハイパー版のイス取りです。

これは大変苦しかった(嬉しかった?)と思います。イス取りの最中って、女性達が全力で座り込みに入るでの、全く息ができないんです。
息ができる唯一の時は、今まで座っていた女性が他の女性に力づくでどかされ、別の女性が座り込みにくるまでの一瞬です。
それ以外の時間は、絶えず女性のお尻の中に。(顔騎フェチにはたまりません)
そして、やっと終わったと思ったら、そこから更に窒息顔騎。(もし、自分ならそのまま殺してくださいと願ってしまいますw)

先ほどまで、女性達のお尻に「これでもか!」というくらい圧迫顔騎をされたのに、そこから更に窒息顔騎となるのです。

しかも、男性の口にはガムテーム付き。
呼吸は否が応でもほとんどできません。

ですが、こんな過酷な(素晴らしい?)顔面騎乗にかかわらず、3分までの男気(イス気!?)のある男性が2名もいらっしゃったんです。
3分以上の窒息顔騎は危険なので、3分経過した時点で強制ストップしましたが、あそこでストップしなかったら、いつまでもいけそうな勢いのお二人でした。

お二人の頑張りにはただただ脱帽です。
大変お疲れ様でした。

セクシーなローリング顔騎

顔騎踏襲金蹴秋祭での人間イス取りゲーム

男性の顔にフロントスタイルで息をさせないように頭を押さえ込みながら顔騎する女性。

この女性は、今回イベント初参加でしたが、かなりの色気がある方で顔騎も上手なんです。
窒息顔騎の時も躊躇なく座りにいっています。
男性の顔の上で円を描くようにゆっくりと腰をくねらすローリング顔騎のシーンがありましたが、その「せくすぃ」な光景に、司会のいすおもちょっと興奮してしまいました。
彼女に顔騎された男性の方々も、さぞ気持ちよく苦しくお尻の下で悶えられたのではないかと思います。

ちなみに優勝したのはこの女性でした。

フェチの追求は痛さや苦しさも不問

今回も容赦なく蹴られていた金蹴りフェチの方、途中、氷で大事なおタマ様を冷やされていましたが、その後は大丈夫でしょうか。
いくらご自身のご希望とはいえ、何度も激しく蹴られていたのを見て、ちょっと心配になってしましました。

他にも、板越しに乗られた女性達の体重で息ができなくて苦しくなったりしている光景を見て、何人の女性まで耐えられるんだろう?とか、このままで大丈夫なんだろうと思ったりもしましたが、それがいいんですよね。

かくいう根っからの窒息顔騎フェチのいすおも苦しい顔面騎乗が好きなので、きっと同じで、フェチを追求していくと痛さや苦しさは二の次なのだと改めて思いました。

上記ギャラリー画像のコメントはパンプスプランニングさんによるものです。
パンプスプランニングさんのサイト「顔騎踏襲金蹴秋祭ー実施報告」では、他にも多くの画像が公開されています。

最後に

昨日ご参加いただけた男性参加者の皆様、本当にありがとうございました。
今回も紳士的な対応をしていただける方ばかりで、おかげさまでスムーズに会進行を行うことができました。

また、女性スタッフの方々、6hという長丁場のお手伝いいただき、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

次回の開催日やイベント内容は、現時点は未確定ではありますが、引き続きフェチ体験型イベントを開催していきたいと考えています。
告知は当サイト、いすおのTwitterにて行いますので、次回以降もご参加いただける場合はチェックしておいていただけると幸いです。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

最後に、昨日のイベント動画をパンプスさんのTwitterから。これ以外の動画も公開中です。