フェチフェス05のチケット昨夏のフェチフェス04に続き、今回も千駄ヶ谷Pスタジオで開催されたフェチフェス05
行ってきました。

今日の都内は若干風が冷たかったけど、終日いい天気だったので、JR原宿駅から歩いて行ってみました。
5-6年前、この辺りに仕事でちょくちょく来てたこともあり、通った喫茶店の前を通る際、懐かしくなりました。

そうこうするうちに、すぐに会場に着きました。

フェチフェス05の会場到着したのは14時でしたが、この時間でもビル前に100人近くの入場待ちの行列です。
改めてフェチフェスの人気の高さを感じました

前回同様、入場案内はよくみるM男優さん(名前を存じ上げておらずすいません)が、テキパキとわかりやすくされていて、格好よかったです。

 

待つこと数分、パンフレットをもらって建物内に入りました。
いや、すごい人です。

フェチフェス05のパンフレット

前回も大盛況でしたが、今回はそれ以上かも。
ブースのある各フロアはもちろん、階段もエレベーターホールも人・人・人。
交通渋滞があちこちで発生していました。

そんな人混みの中をかいくぐり向かったのは、4Fにあるたべ・こーじさんのブース。
フェチフェス05 たべこーじさんの作品

先日、たべさんの作品を当サイトでもご紹介させていただいた御礼をリアルで申し上げたかったのと、今回のフェチフェス用の新作が目当てでした。たべ・こーじさんの隣には、まるで作品から出てきたかのような綺麗なnonさんがいました。
購入した作品です。

fetifesu05 たべ先生のサイン

お願いしてサインもしてもらっちゃいました。
たべさん、ありがとうございました。

この後は、「素敵な顔面騎乗の画像とは」で画像を掲載させていただいた瀬川水桜里さんにもご挨拶。リアルでは初めてお会いしました。
プロフ画像通り、小柄な可愛らしい方でしたが、腕から血がでてる・・・
見るからに痛そうで、内心「大丈夫?絆創膏いります?」と、ボケようかとも思いましたが、これも血液フェチでもある水桜里さんならではスタイルです。

そして、次に向かったのは、スージーQさんのブース。
プロレス技体験コーナーは予想通りの大盛況です。部屋も溢れんばかりの人だらけ。しかも、熱気がすごい。
立っているだけで汗がでてくるほどです。
今回は、時間の都合でプロレス技体験はできませんでしたが、ギャラリーとして少しだけ見ることができました。スージーQさんの柔らかな太ももが首に巻き付いてキューッと絞り込まれた時のお客さんの顔はかなり必死。
初めての方はきっとビックリしたんでしょうけど、至福の時間に違いありません。
後半は背中に馬乗りになって、おもいっきりくすぐられてました。
そんなお客さんの笑い声を聞きながらブースを後にしました。

他にも、V&Rさいゆ~き監督やイズムさんの部屋にも行ってみましたが、あまりの人だったので、近くにも寄れず今回はそのまま失礼してきました。

回を追う毎にますます濃くなるフェチフェス。それに伴い来場されるお客さんも多くなってきています。
次回はもう少し広い会場だと嬉しいですね。
そして、いつか当サイトも「顔面騎乗」のブースとして、フェチフェスに出展できたらいいなぁ、なんて思いました。